マインドマップとメモアプリをおすすめ!思考を整理しよう!

マインドマップのイメージ画像FIRE、副業

マインドマップをおすすめ!思考を整理しよう!

思考を整理するにも、課題を書き出すにも、目標を設定するにも、マインドマップはおすすめです。

私もいくつか人気のあるマインドマップを試し、比較し、シンプル・マインド・プロ(Simple Mind Pro)にたどり着き、便利に活用しておりますので、紹介したいと思います。

結論からお伝えしますが、Simple Mind Proだけが、

  • Windows10、Andoroid、MAC、iPad、iphoneで、リアルタイムに同期出来ます。
  • アプリは、それぞれの端末で買い切りですが、一度、購入すれば、継続課金されることはないので、お買い得だと感じます。
  • 因みに、iPad用はUS$8.99(980円)、Andoroid用は€8.49(850円)、Windows10(MAC用も同価格)は€24.99(3550円)となっています。カッコ内は、私が購入した時の円価格です。
  • 私は、Windows10、Andoroid(スマホとタブレット)、iPadproで同期し、使っています。(全部で5380円でした)
  • Andoroid、iphone、iPad用はアプリストアから購入すれば簡単に使えますが、Windows10、MAC用は、インストールするのに、やや手順が必要です。Windows10、MAC用を購入される方は、ネットで検索すると丁寧に手順を解説されておられる方がいらっしゃるので参考にすると良いでしょう。

後ほど簡単に比較しますが、他の人気アプリは、サブスクが多く継続課金される上に、パソコン、タブレット、スマホでシームレスに同期できるアプリは、今のところSimple Mind Proだけだと思います。(2020.0910現在)

購入後、Simple Mind Proで、簡単なマインドマップを作った後、同期できているかを確認した瞬間は、ほぼリアルタイムに目の前で同期されるので、思わず「お〜!!」と感嘆の声をあげてしまいました😄

他のアプリとの比較

マインドマップは、主要なものだけでも10数種類あるので、人気のある所から、無料版で試していくことになると思いますが、使っていく内に、

  • スマホだけでは不十分(画面が小さすぎる!)
  • パソコンと同期できないと意味がないと思い始める
  • 今度は、タブレットでもマインドマップを使いたくなる
  • 本格的に使うとなると、いずれもアップグレード版にしないと機能が制限されている
  • 価格を比べると、買い切り方式とサブスク(継続課金)方式がある
  • やっぱり長く使うものなので、買い切り型が良いなと考える

多数の端末で本格的に使うとなると上記のような推移を辿ると思います。

あれこれ迷うのが面倒な方は、Simple Mindの公式ホームページで申し込みするか、無料版をお試ししたら良いのではないでしょうか。

10数種類から迷うのも楽しい方は、比較紹介されているブロガーの方などの記事を参照ください。

Simple Mind Proの具体的な使い方

私の使い方で恐縮ですが…

  • 様々な計画を立てるときに、マインドマップから広げていきます。
  • 自由にキーワードや思考を書き付けていき、後からどんどん編集出来るので、考え方が整理しやすいと感じます。
  • 事業の計画や、書きたいブログのネタなどもマインドマップで整理しています。
  • 思いついたときに、スマホのマインドマップに書き留めて、あとから、iPadやパソコン、タブレットの大きな画面で整理する、などのように使っています。
  • 考えたことを書き留めておくと備忘録にもなるのですが、それを画面上で、自分の脳内を整理するかのように消したり、書いたり、移動したり、統合したり出来るので、考えがまとまってくるのだと思います。

注意点

端末同士を同期するのに、主なところでは、googleドライブか、Dropbox、OneDriveを使います。

また、Windows10版は、googleドライブには対応していないようです。Dropboxでしか同期できません。

そして、Dropboxは、無償版ですと、端末3台までしか対応していないので、無償版のDropboxで同期する場合は、無償版のDropboxの制限で、3台までしか同期できないなど、クラウドサービスの使用制限や容量制限なども関係してくる点には、注意が必要でしょう。

メモアプリとの併用で効果倍増

メモアプリは沢山の種類がありますから、みなさんお好きなものを使っておられると思います。

私は、Google Keepを主に使っています。Google Keepは、アプリもありますが、基本的に、ブラウザのGoogleクロームから呼び出せるので、膨大なメモがあっても、キーワードで検索し、出てきたメモをコピペして使うなどど、結果的に同期が出来ていて、どこでも、どの端末でも使えるメモアプリとなっています。

GoogleKeepイメージ画像

従って、メモアプリで多くの情報を集めておき、マインドマップで整理する時には呼び出して活用するといったスタイルになっています。効率が良いです。

まとめ

人生の目標を文字や図にして目に見えるようにしていくことは、すごく効果がある、

と関連記事:副業で会社設立!自分らしいFIREを目指す人生目標5ステップ!

の中で書きました。ナポレオンヒルが思考は現実化すると言いましたが、思考は、マインドマップやメモにまとめて何回も見直し、強く願うことによって現実化する、ということではないかと思います。

私も引き続き自分らしいFIREにむけて努力をいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました